会社概要



環境に対する取り組み



環境理念

当社は四季折々に美しい風土・自然環境を次世代に継承するため、すべての事業活動を通じて環境保全に取り組みます。

環境行動指針

  1. 環境に関する法規制、および当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  2. 品環境目的及び環境目標を設定し、定期的に見直すことで、統合マネジメントシステムを継続的に改善します。
  3. 事業活動が環境に与える影響を考慮し、特に次の項目について優先的に活動を展開します。
    1. エネルギー消費量の削減と省資源化を推進します。
    2. 廃棄物の分別収集を徹底し、リサイクルを推進し、廃棄物の削減に努めます。
    3. 環境影響に配慮した製品の設計・開発を行います。
    4. 化学物質の使用を管理し、環境負荷の低減及び環境汚染の予防に努めます。
  4. この方針は、当社で働く者及び当社の為に働く者すべてに周知徹底するとともに社外に公開します。

はじめに

 弊社は2008年8月に品質、及び環境を統合したISOマネジメントシステム認証を取得して以来、様々な業務品質向上、法令遵守状態の維持、環境負荷低減活動、環境美化活動などを継続しております。

 2020年度については新型コロナウィルスの感染拡大が本格化し、併せて受注も激減していきました。期の前半は生産量も大幅に減少して、苦しい状況が続きました。ようやく年明け頃から海外市場向けのお客様から受注が回復してきたところです。さて、当社では25年間5S活動を継続しておりますが、第52期は生産業務の低迷時期を逆手にとり強化期間と位置づけました。外部コンサルタントの指導のもと一新した活動を展開してきました。大規模な整理整頓を実行した一方、工具類の使用頻度によるゾーン分け、戻り保証の展開など作業効率向上へ実効性のある取り組みも広く実施しました。現在も引き続き活動を継続しております。これらは一気にその効果が表れるものではありませんが、弊社の地力として長期的に好影響を発揮していくものと思います。

 例年通り、環境項目について排出量・使用量の比較を行い、当社の行った活動をご報告致します。2020年度の環境目標の到達状況をご確認頂きますようお願い申し上げます。

環境目標の達成度


 各項目について2018年度~2020年度の推移をまとめました。

 

2018年度 2019年度 2020年度
電 力 売上単位電力使用量[kWh/万円] 15.51 16.00 21.10
年間使用電力量[kWh] 2,877,654 2,598,415 2,384,209
クーラント廃液 売上単位量[L/万円] 0.25 0.24 0.36
年間総量[L] 45,600 38,400 40,800
廃 油 売上単位量[L/万円] 0.033 0.029 0.037
年間総量[L] 6,108 4,728 4,200
汚 泥 売上単位量[kg/万円] 0.008 0.006 0.006
年間総量[kg] 1,476 900 730

 電力については生産量の減少等により前年度、一昨年度と比較して数字は減少していますが、対売上比で見た時には増加するといった結果となりました。電力については設備機械と空調機の使用電力がほとんどを占めています。あまりに生産が少なかった場合、電力使用の効率上はかえって悪化したとも捉えられます。電気利用の効率化をより一層努めてまいります。

 クーラント廃液に関しては対売上比、年間総量ともに前年度より増加する結果となりましたが、こちらは今期、外部コンサルタントの指導のもと行った活動の中で例年より多く機械設備のメンテナンスを行った結果、クーラント交換の回数が増えたことによります。

 廃油に関しては電力と同じような形が現れました。年間総量は、昨年度を下回りましたが、対売上比では上回るという結果となりました。こちらも例年より多くの設備メンテナンスによる油交換実施が理由として考えられます。

 汚泥の排出量については昨年よりさらに抑えることが出来ましたが、対売上比は昨年同様の結果でした。しかし他の項目と比べ年間総量は削減され、対売上比は昨年を超えることはなかったので前向きにとらえさらに効果をあげるように努めてまいります。

 その他、新規の活動として購買部と製造部が協力し、使用したドリル、チップを研磨して再利用するよう活動してきました。初年の実績で年間890点の刃具が再利用されております。

 また、新型コロナウィルスの影響により、リモートが活用されるようになりました。営業部では客先訪問件数が51期93件から52期37件へ減少して、社有車の使用頻度も半減した状況となっています。 他の社外打合せや講習会参加などもリモート実施により環境負荷が軽減されています。

環境活動について

 毎年のことですが、地域貢献活動として近隣公園の草取り、近隣のゴミ拾いなどを実施させて頂きました。 2020年度は6月に公園の草取りを実施しました。ゴミ拾いは11月と4月の年2回実施しております。 継続してきました公園への植樹については、ほぼ必要充分な景観に整ったとの話をいただき一段落としました。今後は北駐車場脇の緑地帯を近隣の方々の憩いの場となるように整備を進める計画です。

 昨年はなかなか行うことが出来なかった企業各社、生徒、学生たちの工場見学及び実習は何とか実施することが出来ています。今後、一層の注力を行いたいと思います。

 今年度には全社を挙げて生産性の向上と5Sの活動を行いました。時間をかけじっくりと行うことができ、 実施前に比べ大きく変化しています。継続して実施することで一層効率を上げていき、より大きな効果を あげることができると期待しています。 いまだ新型コロナウィルスの終息は見通せていませんが、これからも状況に合わせて環境問題を含めて SDGs に貢献していきたいと思います。

地域環境美化活動
  
コンサルタントによる研修・活動
  
地元各種団体、中・高校生の工場見学
  

この環境管理活動をご覧いただいた皆様へ

 弊社における環境管理活動の成果は、弊社のみで評価するものではないと認識しております。 目標を設定し、実施計画を立案し、その計画に基づいて活動を実施し、到達した状態あるいは成果を評価することは企業活動として重要です。
 しかしながら、弊社の環境管理活動による成果を正しく評価していただけるのは、お客様や、その他ステークホルダーの皆様です。 事業経営、組織経営の質を向上することにとどまることなく、経営の一側面としての環境管理活動へも継続してエネルギーを注いでまいります。 例年のお願いとなりますが、ご指摘、ご意見、あるいはご要望などがございましたら、ご遠慮なく弊社社員までお申し出いただきますようお願いいたします。

2021年7月7日 エヌ・エス・エス株式会社
代表取締役 中町 剛
 ページのトップへ戻る ↑